スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

射雕英雄伝を読む 1

よく考えると射雕英雄伝と神雕侠侶と天龍八部は原作をじっくり読んでない気がした。
なまじドラマを見たからだと思います。
今日は空いた時間を使って射雕英雄伝をじっくり読んでみました。
改めて読むと原作と結構違うなーと思います。
ドラマでは初っ端は我らが丘処機が敵をぶった切ってましたが、
原作では牛家村から始まってます。

当然、描写も丁寧にされているので倚天屠龍記まで続く物語の幕開けと考えると
興奮度も上がってきます。

ある雪の日、郭晌天と楊鉄心の二人の義兄弟が一人の道士と出会ったことから
すべてが始まる・・・・

うーん、興奮します(笑)
郭靖も楊過もこの三人の出会いがなかったらあんな漢にはならなかったですからね。

ほかにも郭晌天の最期もドラマでは弁慶を彷彿とさせましたが、
原作は騙されたかたちになってます。

蒙古編もじっくり読めました。ドラマではジャムハとかセングンとかちょっとややこしかったんですが、原作で整理がつきました。

今は黄蓉との出逢いのシーンを読んでます。

やっぱり射雕英雄伝は金庸小説中No.1の爽快感です

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小翔

Author:小翔
FC2ブログへようこそ!
最近は、マクロスにハマってます・・・

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。