スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿鼎記読破

今ドラマ放映中で流行りの鹿鼎記を読み終わりました 
運と話術でのし上がっていく韋小宝の話

鹿鼎記は金庸最後の長編ということもあり、集大成的要素もあります。
碧血剣の続編ということなので、阿九や何鉄手、帰夫婦も登場し、
笑傲江湖、雪山飛狐、飛狐外伝、書剣恩仇録に関係あり
射雕3部作にも少し関係あります。

韋小宝は金庸小説の主人公の中で武芸は間違いなく最弱です。
とにかく修行が嫌いで博打が大好きという奴で、
師匠が江南七怪だったら修行初日に殺されているレベルです(笑)
麗春院で育ったため、女には目がなく誰が一番好きなのか迷っていた張無忌とは違い
          「みんな俺のかみさんにする。」
って考えるやつです。
お前なら段正淳の上をいける(笑)

最終的には7人の美女を妻にしますが、個人的に一番好きになったのが
小宝一番のお気入りでもある双児です。
双児はあの何鉄手の弟子なので武芸がよくでき小宝に危機が迫ると、
決まって双児が助けに行きます。
小宝へ一途な思いも抱いていて、出家した小宝を何カ月も待ち続けたり、
ロシアまで一緒に行くこともありました。

うう~双児はあの小昭の生まれ変わりのようです(涙)

ほかにも沐剣屏、方怡、曾柔、陳阿阿、建寧公主、蘇荃と六人の妻がいますが、
刀白鳳、秦紅綿、甘宝宝、王夫人、阮星竹、馬夫人と比べて穏やかなので
特に問題にはなりません。建寧公主だけは別ですが(笑)

また、小宝は朝廷と反清復明を目指す天地会との板挟みにあい、
後半では非常に悩みます。皇帝がしょぼいならまだしも、
康熙帝は非常に有能で民にも善政を施しているので
普段は決断力のある小宝もここだけはうまく乗り切れません。

とまあ武侠というより歴史的な作品ですが全8巻と天龍八部と並び
最長編なのでキャラへの思い入れも強くなり、陳近南の死にはぐっときました。
ドラマも面白そうなので機会があればぜひ見たいです。



でも、楊過が小桂子かぁ~どうかな~
ちょっとイメージが違うけどなれるかな?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>師匠が江南七怪だったら修行初日に殺されているレベルです(笑)

ウハハハ、めちゃうけました!
そうだよね~、とくに始末されてますね(笑)

阿銀さん

6歳の子供に内功と外功の順番も考えずに
12時間の修行なんて無理がありすぎますからね(笑)
この修行に耐えられたのは
郭靖がアホだったからでしょう(笑)
プロフィール

小翔

Author:小翔
FC2ブログへようこそ!
最近は、マクロスにハマってます・・・

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。