スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で題名2

今週中にドラマの碧血剣とヒロイックレジェンドが入手できそうです。

さてさて、残りの作品も調べてみました。
まずは、金庸最高峰と言われる
天龍八部
これを英語では


Demi-Gods and Semi-Devils

翻訳すると

半神半悪魔

言いたいことは伝わる。
もともとは仏教用語。

次は、最も悲惨な目に逢う主人公・狄雲の話

連城訣

これを英語では

A Deadly Secret

致命的な秘密
ネタばれというか何というか・・・

今度は、自分が誰だかわからない狗雑種の物語

侠客行

これは

Ode to Gallantry

ode・・・特定の人・物に呼びかける形式の叙情詩
これはいいと思います。


さて、令狐冲が正派邪派の争いに巻き込まれる

笑傲江湖

これは

The Smiling, Proud Wanderer

この訳もなかなかいいです。


博打と運で女と金を手に入れる韋小宝の

鹿鼎記

これは

The Deer and the Cauldron

これはまんまというか、まあこんな感じでしょう


そして、今張Pにより製作中で僕が一番好きな

倚天屠龍記

訳すと、


The Heaven Sword and Dragon Saber

天国剣とドラゴンサーベル
ドラゴンシーザー(同世代にしかわからないであろう)を思い出させる題名です。


ちなみに短編は
越女剣        Sword of the Yue Maiden
鴛鴦刀        Blade-dance of the Two Lovers
白馬嘯西風     Swordswoman Riding West on White Horse

こうやって見てみると、翻訳という仕事の難しさがわかります。
題名は深い意味が込められていることが多く、
訳すのに苦労しますね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわー、英訳があるんですね(**)
英語にすると、すごく欧米風になりますね(?!)。漢字のしっとりとした叙情的な東洋の雰囲気は、やはり漢字のタイトルからのみ滲み出てくるような気がしちゃいますよね。

「The Heaven Sword and Dragon Saber」とかって(私は見たことがない作品ですが)、タイトルをパッと見ただけだと、何となく西洋のドラゴンとか騎士達が真っ先に頭に浮かびますが(^^;)。文字の与える印象って大きいですねぇ!

Re: No title

Chiepyさん、コメントありがとうございます。

倚天屠龍記の訳「The Heaven Sword and Dragon Saber」
は確かにドラゴンや騎士を彷彿とさせますね。
ロード・オブ・ザ・リングみたいな感じがします。
話は近いところもありますし。
プロフィール

小翔

Author:小翔
FC2ブログへようこそ!
最近は、マクロスにハマってます・・・

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。